Future Of Chocolate

もうすぐ30歳

久々の

最近やっとパソコン買い変えたので、何か書こうと思ってブログ開いたら過去の恋愛思い出して泣けてしまったのでまだ消化できてないのかな。遅すぎじゃないかな。。季節が変わるごとに思い出すんだよね。時間帯とか、空気感で。ちょっと肌寒い朝にあの人からの「おはよう、起きてた?」「昨夜あんなに怒っちゃったから嫌われたと思った」「寝たら忘れた。はよ支度しいや」てね。そんな会話、フラッシュバックみたいにリアルに思い出してメイクする手が止まってる時ある。この前は喜八州のお団子ストラップが引き出しから出てきて止まったよね。でも捨てる気にはなれない。なかなか会えないぶん、たまに会えるときの喜びはもうすんごかった。えっちしなくてもいい、ごはん食べるだけで、隣りにいるだけで、電話でつながってるだけで、メールでつながってるだけでいい、そんな恋愛初めて知ったから、ありがとうって思い強くて捨てれない。でもいつか捨てなきゃね。きっと捨てる時は、次の恋愛始まった時だね。連絡とりたくなる時もある。でもそれが前進か後退か、て考えると前進にはならないなと冷静に思えるようになったのは私も成長したかなさすがに。同じことは何度もある。美化してやり直したら気持ちいいけど、よっぽどのことが無い限り、同じことばかり繰り返す。それがおめでたいアホな恋愛。それはそれで楽しいけどね。わたしもう疲れちゃったの。

来年で30だし、20代を振り返るようになった。若いうちに遊んどきなとか、若いうちに良いひと捕まえときな、30に入ってからは選んでもらえにくくなるからとか言われてだんだんアウトに近づいて人生絶望みたいになるのがとてもこわいけど決めた。アラサー独女よ、弱気になるな。ハードル高いとか低いとかそんな言葉に振り回されるな。とりあえず見てみよう、興味無いけどっていう物件はね、その通りでしかないの。ボロボロだったけど刺激的で大好きだったあの恋愛よりは健全で、身体の相性重視で金は出すけど普通の楽しい話あんまりできない男に母性発揮して、弱音聞いてあげてご飯作ってあげて、そのうち子供できちゃえばこれはこれでいっかな、て今流行りの「男を育てる」恋愛なんて、積もり積もって自滅する(私はね。)ちょうどいい恋愛はあるから。そのへんに転がってるから。なかなか出会えないのはそういう男はチキンだから。そんなわけでいつチャンスがやってくるかもわからないしわたしは美魔女になるからな。きれいなお姉さん になるからな。今がもし少しでもきれいなお姉さんならそれを更に強化する。そもそも年齢気にする男なんてこっちから願い下げだし。結局、回りまわってたどり着いた。嫌なもんは嫌。わたしにはもっと素敵な人がいる。マッチングアプリなんて無理してしなくていい。じゃあ出会いはどこにある?知らない。だけど、自暴自棄になるのも寂しいからってハードル下げるのも違う。人間皆1人で生まれて1人で死ぬ。ヒントはそれ。自分を磨くなんて固い言葉嫌い。今の自分が磨かれてないみたい。今でも充分素敵。わたしってどんな人が好きなんだろう。そりゃ恋はしたいよ。久々に書いたら気持ちいいな、ブログ。また書こ!

 


[MV] OOHYO(우효) _ PIZZA