urban flora

28歳女の色々

この気持ちをなんとか言葉にしたい。

でも恋に恋してるみたいだ。ただのロマンチストみたい。だからここに書かなかった。

去年の春にそっと生まれた庭はまだ在る。晴れの日も嵐の日も。

あの人は私の心をぎゅっとさせる。

ひとつひとつの言葉、接続詞でさえ聞き逃せない。

あの人の感性は受け止めきれない。

だからひとつひとつ噛み砕いて時間をかけて理解していく。

あの人も私のめちゃくちゃな感性を時間をかけて理解してくれてる。

あの人が私の手にそっと手を添える。

あの人が私を見つめる。

それだけで私の心はぎゅっとなって目に熱いものが込み上げる。

特にストレス感じすぎることなく淡々と働けて、いそがしくたって1週間に2日休みがあれば何だって出来る 幸せ。お金もそれなりに貯めれるようになってきた。だけど会いたくてどうしようもない日、当たり前のように手をつないで、寄り添うカップル見れば羨ましくてたまらなくて、お願い私をラクにしてって思う。職場は新幹線が通る駅にあるから次の日休みの日は新幹線のホームを横目に満員電車に乗り込む …

言葉になんてできない。ロマンチストなんじゃないかって自分に飽きれる。恋に恋してるんだよねきっと。友達にも私らしくないって言われる。だけどこの嘘っぽさは、ピアノを弾けば本物だってわかる。私の庭、愛の世界から流れる音楽。滅多に会えなくても、音楽で表現できて、それが押し付けがましくなく、聴いてくれる人の心に心地よく染み渡って、旅の思い出のおまけになったらそれでいい。

汚らわしい欲とかそんなものも、音楽がきれいにしてくれる。

人を愛するって全然きれいじゃないから。

嫉妬とか、満たされたい欲ばっかり。

相手を思いやる心も情熱の内。

彼は紛れもなく私の運命の人。どうか大人にさせて。

自分のことばかりじゃなくて相手を思いやる心を持って、この恋を大事にさせて。

ちっとも現実的じゃない恋愛でも、許してねご先祖様。

f:id:kotatikota:20170314001607j:plain