読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urban flora

28歳女の色々

 演奏の仕事は静まり返り、ひたすら働く日々。色々あるけどなんとか前向きに生きている。飲食のバイトは誰かが休むと突然電話きて今日来れる?とか言われるんですね。これは事務のお仕事には無いことで、嫌だなと思いつつ頼られると嬉しくなっちゃうわたし。好きにこき使ってください、そんな感じ。ヒマだから。お金欲しいから。稼ぎ頭は自分なので、体力気力は万全に、特に感情は乱れないよう一定のラインを維持。職場の定年過ぎのお気楽KY爺とか、セクハラ気分屋しわくちゃチンパン爺なんかに感情1㎜も動かされたくないので、不快な事は全部、ありがとうございました、すみませんでした、ちょっぴり棒読みで対応して、大人な対応の隙間からさりげなくストレス発散させる術を覚えた。これってすごい。超すごいんだからね!十代のもがき苦しんだ私、見て!

 相変わらず不思議な遠距離恋愛も続いてる。9月に会った時には好きになりすぎて、何でやっとこんなに好きな人ができたのに近くにいられないんだろうって、欲が出てしまったり、無駄に嫉妬して別れそうになったけど、その度に彼とひとつひとつ乗り越えてきた。親からは相変わらず、一人暮らしが心配だから実家に戻るか、早くいい人見つけて結婚してくれと言われるけど、私は東京で頑張る。そのうち他に良い人が現れるかも。現れないかも。彼に良い人が現れるかも。どうなるかなんてわからないけど、近くにいれることが幸せとは限らないから、近くにいられる恋愛の形を美化しない。

 最近バイト帰り何回か知らない人に声かけられて夜道がこわかった。ゴミを出すのもこわかった。でも昨日彼が、電話つながったままゴミ出してきなって言ってくれた。その時、じんわりきた。日常に彼がいる。いなくなったら困る。彼が応援してくれるからがんばれる。次いつ会えるかわからないけどわがまま言わない。魂がそばに感じられるだけで幸せ。不思議な恋愛。おままごとではない、大人な恋愛。何が起こるかわからない。いろんな危険も秘めてる。そんな感じで付き合いだして半年が経つ。

ここ数年、こんな気持ちになったことなかった。

指の先から足の先まで愛おしく思える人とじゃないと付き合えない。

それくらい好きじゃないと付き合えない。

私は付き合うハードルが高いからそろそろ妥協すべきだと思ってたら現れたのが彼。

生えかけのヒゲ、つないだ手の感触

ぎゅっとした時に跳ね返ってくる硬い身体

ポーカーフェイスの表情もじっと見つめればゆるむ。好き。

遠くの彼を存分に感じて、私は1人東京で働くの。