読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urban flora

28歳女の色々

  • リミックス

ロードのアルバムの中で一番好きなリミックス曲。まだ十代なのに老け…大人っぽいよなぁ。



18〜22歳まで付き合ってた彼は、夜メールしてて一目だけでもとか言ってバイクで会いに来てくれた。めちゃくちゃな人だったし、もう二度と会ってはいけない人だけど、魅力的だったと思うよ。最近はつまらなすぎる男だらけうじゃうじゃ。質問ばかりして相手のこと知った気になってるんか、質問と答えだけの会話がコミュニケーションだと思ってるのか、まぁそうやって外堀から埋めるタイプと、手っ取り早く身体を求めるタイプ。どちらも圏外。わたしは知ってる。どっちのやり方もせず、女心に踏み込んで距離を縮めてくる男はちゃんと存在するのです。刺激が欲しい。漠然と、猛烈に、欲しい。ちゃんと刺激について具体的に語れます。相手にとって我慢できない衝動による言動、なのだ。突拍子も無いこと。わたしをびっくりさせること。もちろん嬉しいサプライズ。そして冒険。わたしの知らない世界を教えてほしい。自分のこだわってること、仕事、音楽、なんでもいい。得意げに語ってほしい。おまえにはわかんないかもな、てばかにしてもいいよ。それくらい自信満々で見せつけてほしい。以上がわたしにとっての欲しい刺激です。
最近のオトコはLINEで満足するのか。LINEはチャットのようなもの。ちまちまちまちま好きじゃない。でももし好きな人とのLINEだったらいくらでも続けたい。つまりわたしはそのオトコがまったく好きじゃないってことだ。自分でも何がしたいのかわからないけど、もうちょっと夢中にさせてほしいなと思ってて、ビミョウな関係の男友達に、もっと激しくしてほしい、とか、突然電話してくれるような唐突さが欲しい、とか言ったけど後になって一方的に押し付けてる自分に嫌悪感。ちがう。わたしは彼に希望を与えたかったのだ。わたしと付き合いたいと言っているから、そんならわたしの好きな男になれよという感じで。でも、まったく違う人にはなれないんだよ。それは4年付き合ってた人との恋愛でも同じだった。わたしが教育する!とか言ってたけど結局変わらなかった。人は変わらないことなら痛いほど知ってるのに、また同じようなことしてた。嫌いじゃないけど好きでもない男の人の位置って難しい。男友達は異性として見ちゃうよ。やっぱどこかで期待している。期待したいじゃん。何が起こるかわからない、ていつでも異性にわくわくしてたいじゃん。だけども冒険性の無い、ちまちました男ってのがほとんどです。サラリーマンなんて協調性の塊。「この人はわたしが欲しいものを持ってない」その事実がわたしをかなしくさせる。そもそも、刺激ってなんだ。身勝手で不安定なもんか。夜中にバイクで会いに来てくれる人はいないので夜中林檎を丸かじり。農薬使ってない林檎が実家から送られてくるんだけど、林檎を洗って皮ごと食べちゃう、これも刺激なんだよね。お風呂で食べるの、好き。もうそんな刺激しかないや。大人になるって落ち着いちゃうってことなんだもんね。でももっとむきだしになればいいのに。みっともないくらいに。そんな姿に女はときめくんだよ。