urban flora

28歳女の色々

自由の女神まであと少し

来週から東京で一人暮らしを再開することになった。不動産に行って2件だけ見て即決した。その夜帰宅したら、母に「東京に行かないでくれ」と泣かれて大変だった。60過ぎの母親に泣かれるのはキツい  けど、それ以上にわたしはもう抑えられない。飛び立ちたい衝動は抑えられない。私も感情的に母と対峙し、とうとう母が折れた。どうやら母にとって、娘が上京する→東京で恋人見つける→嫁に行く、の思考になってるらしく、は?て感じ、申し訳ないけど。婿とってほしいのはわかるけどまず私、婿はおろか結婚すらできる気がしないのでお願いだからそこまで飛躍しないで頂きたい。抽象的だけど、まず、今私は爆発しそうだ。もう絶対無理っていうかんかく。このままではもっと私じゃなくなってしまう、キラキラしたfunnyな自分に会いたい。遠くで家族を思える優しい自分に会いたい。この気持ちに不思議なくらい迷いがない。

 今年4月のわたしにはこんな未来信じられないだろう。ここまで地元に仕事が見つからないと夢にも思わなかった。東京も甘くないけど田舎の方がわたしに厳しかった。得られたことは運転免許と演奏のお仕事、そして田舎の厳しさがわかったからもう実家に住むことは無い…と思う。家族には私がこのまま実家に住み続けると期待をさせてしまい、迷惑かけた。私は都会から逃げて、実家に戻りまた都会に逃げるのだ。逃げてばかりでごめんなさい。月2回は演奏のお仕事で帰省するので、今後は都会と田舎を器用に行き来出来るよう努めます。私はもう精神的に自立している(けどやりたいことを優先して生きていて経済的にはプアウーマンのため結婚という安定を求めても全然おかしくない)ので、本当、そろそろ人生のパートナーを捜索します。でもがつがつしたくないんでゆるくときめき見つけます。引越す前のロビコン2回、がんばろう。

*


港町絶唱_八代亜紀 - YouTube

こんな私も春には都会で

笑いころげて暮らしてた 

せまい部屋でも小鳥を飼って

好きな男にもたれてた