urban flora

28歳女の色々

わたしの中の太陽

地方の一軒家の二階のマイルームで膝を抱えていた。長野県とは言え、二階は熱気が籠るので暑い。地元の祭りの音が聞こえる。妖怪ウォッチ、セーラームーン、let it go(let it goはリピートされすぎ)が流れ、苛々に拍車をかける。私はおもむろにInstagramで「♯(地元の市名)」を検索。何人もの地元の若者の笑顔が映し出されるのをぼんやり見つめる。

夜になれば私の中の「若さ」はMAX、布団の中で背中を丸め、イヤフォンで音量大きめにclub musicをかけて寝る。寝れなくても良いから音の快感をくれ!て時がある。恋の冒険も、電車で1人遊びに行くことも、友達とも会わなくなれば、そうなるよね?

ピアノもやる気せず、もう完全に「若さ」が耐えられなくなってたのでちょうど良かった。友達に会いに東京へ2泊してきた。泊まるのは姉夫婦のとこ。今回の目的は、友達とのおしゃべり、異性とのおしゃべり、買い物。

電車の中で小型飛行機事故のニュース見てめちゃくちゃ辛くなったけど、新宿着いたらテンションMAX。暑さも吹っ飛ぶ。完全に太陽なわたし。ルミネをぐるぐる回って、コンサート用の服とイヤリング購入。そして今着てるダサい服をなんとかしたくて、良い服発見して購入&着替え、発色良すぎて悩んだけど、ジバンシーのグロスレベラトゥールも購入。着替え、メイク直しして、山猿からシティーガールに変身。夕方から大学の友達5人と新橋でごはん。皆から痩せた!とか肌きれい!とか言われた。オーガニック引きこもりライフのおかげか。それぞれ近況報告。恋愛が終わった子もいれば、異性に興味無かった子に彼ができたり、聞き応え抜群。友達とおしゃべりしたの数ヶ月振り。あーもう楽しい〜。二次会はお決まりの、あのバーへ。気持ちよくなるまで飲んでから逆ナン始めようと思ってたんだけど、いくら飲んでもあんまり異性に気がいかず。友達がシャンパン振舞う太っ腹男さんを捕まえてきて、いつのまにか私も乾杯してたら、一緒に乾杯してた男がとても自然な感じで話しかけてきて、下心とかキモい感じが無い良い感じ。やばい、遠距離恋愛相手できちゃったかとか期待して、お店でてその男含む男女何人かで外飲みして更に深く話したら、男が女に奢らなきゃいけないのが許せないんだとか。うん、わかるし、私も実際奢られるの申し訳ないから出す人だけど、私としては男は女に「奢りたい!」欲を持ってほしい。それに、今これから恋が始まろうとしてる私にそんなちまちました不満言わないでほしかったな。皆と別れてからその男からメールで、2人で会いたいよ〜駅で待ってる!とか着て、かわいいなぁと思いつつ断ったら、もういいです…て着た。なんだよ、恋の芽ちょんぎられちゃったよ。でももし私が東京住んでたら一回はデートしたかったな。ちょっと切ない。でも男の人と久々に話せて良かった。男の人とお話したの教習所の教官以来だもん。酔っぱらってたけどきちんと姉の家に帰れました。

次の日は表参道をうろうろ。それはそれは激しくうろうろした。こんなに暑いのに、わたしの中の太陽恐るべし。ヒールで街を闊歩ですよ。ジョンマスターでスムージー飲んだけど色の割に味薄。実家の自家製ジュースがどれだけおいしいか思い知らされた。ジョンマスターでお目当のシーミストとボディースクラブ購入。夜は青山でわたしの中の太陽を照らしてくれるソウルメイトとごはん。やっぱりその子からも会ってすぐ、肌が白雪姫みたい!絶対なんか始めたでしょ?て言われた。恐るべしSKⅡ。たくさんしゃべった。わたしが今どれだけ山猿か、ロビーコンサートのときだけ輝けるこのギャップ。でもそれってすごい音楽家っぽいよ!て言われて、ほっとした。その子とは本当に嬉しいことも嫌なことも全部語り尽くせる相手で、久しぶりに会ったのに久しぶりな感じしなくて、また同じマンションまでだらだら帰れるんじゃないかってくらい、気持ちがすっかり東京に戻ってしまった。別れ際、半泣き。がんばるよ。こっちでももっと居場所作るよ。口ではいくらでもポジティブなこと言えるけど本音言うと東京戻りたいです笑

f:id:kotatikota:20150728230815j:plain