読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urban flora

28歳女の色々

最近の神様

Pure Heroine

Pure Heroine

これわざわざCD買ってしばらくは聴いてもぴんとこなかったけど最近すっかり神様。特にメロディラインがぐっとくる、とか、声がいい、とかじゃないんだけど低音、リズムの重厚な感じ?が宇多田ヒカル聴いてるときの心地よさと似てる。十代でこの悟ってる感、すごい。アルバムのタイトル通り、聴いてるといろんな執着から解放されて「ピュア」な気分になる。
Born to Die

Born to Die

引き続き、神様。わたしのよく閉じこもる感覚と酷似してるこの暗さと暗さに浸るナルシシズム。
最高に気持ちいいのです。
ナマで踊ろう(通常盤)

ナマで踊ろう(通常盤)

順位付けるとしたら、間違いなく坂本慎太郎がNO.1です。
私達は(少なくとも私は)生きにくさ、もやもやを誤摩化して生きてる。このもやもやは「死ぬために生きる」的な生きてるが故の憂鬱なんだけど、このもやもやをもやもやした気怠い音楽で、ゆっくりと内側に入り込んでくる。まるで洗脳みたいな音楽なのです。なので、坂本慎太郎は神ってより教祖に近い。笑

義務のように 美しく
義務のように 語らない
義務のように 愛し合い
義務のように 眠る
「義務のように」坂本慎太郎

神になるかもしれない「ゲスの極み乙女。

踊れないなら、ゲスになってしまえよ

踊れないなら、ゲスになってしまえよ

このてのバンドは一切ひかれないはずなんだけど、なぜだか惹かれてしまいました。
まずバンド名からしてダサいってか、中2病?て感じだけど、バンドとしてアレンジとか技術が抜群。センスの良さも感じる。東京事変に匹敵しそうなくらいの。ただ、「餅ガール」とか意味不な曲はあんまり。あと、ドラム女子がアイドル化してるのもちょっと。メンバーが全く一貫性が無いってか、てんでばらばら感すごいけど、それが逆に良いのかな。ゲスってなんなんだろうな。

音楽から外れると、最近菜々緒が大好き。
華やかさ、スマートさにとても憧れる。