読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urban flora

28歳女の色々

  • ♭♡♯

からっぽのわたしを 行き場の無い愛を 音楽に捧げることもできない。音楽は休止中。暑くて怠け心。音楽ができなくてもこうやってキーボード叩いて、哀しみを表現することも楽しい。
なんのために生きてるのか全然わからない。岸の見えない海の上を1人舟でこいでるイメージが長く続いている。このロンリネス。恋愛をしたいのなら妥協することも大事だと皆が言うけど、わたしは過去のおとぎ話から脱却できずにいる。見た目は精一杯気取ってもお酒を飲んで深みにはまればボロが出る。あの恋愛を思い、泣き崩れる。

傷ついてるのはわたしだけ?
どうしたら傷はふさがるの?

だって、あの人はまだわたしの心に生きてる。
あの人とわたしが惹かれ合ったマイナスの要素が、心からたまに顔を出す。今でも監視されている。
わたしが他の男の人を見る目を。
姉の結婚式の最中にも思い出していた。わたしが愛だと感じていたものは愛じゃなかった。
あんなに美しく、目が離せない生き物は初めてだった。
気が狂いそうなほど、わたしの何もかも支配しようとする彼に憎しみすら抱いていた。
あれが愛じゃないなら。♭♡♯。混乱してる。

ただ1つだけなんとなくわかる。あの恋愛を正当化することをやめない限り、前に進めないだろう。あの人は相変わらず社会不適応者かな。どっちが社会とうまくやってるかな。きっと違法なレベルまで落ちて(付き合っていた頃から違法なことをしてたかもしれないけど)わたしと住む世界がくっきり違うかもしれない。そう、あの人は陰でわたしは陽。だけども忘れることができないの。それはわたしにも陰の部分があるから。誰にでもある。大丈夫。忘れることはできない。恋愛だ、そろそろ結婚だ、周りはあれこれ言うけど、焦ってもろくなことはないと身をもって知っている。そう簡単に愛せない、打ち解けない、あきらめられない、笑えない、涙なんてもっと出ない、全部OK。弱くて傷つきやすく流されやすいわたしを守って、陽のわたしは生きていかなきゃね。

    • -

Born to Die

Born to Die

最近このアルバムばかり聴いてる。