読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urban flora

28歳女の色々

自尊心高く

低すぎたんだな。全然気付かなかった。わたしにとって男性って、1つでも自分に無いもの持っていたらそれだけで素敵だなって思えてしまう存在。でも、ピアノのお仕事とこの前の恋愛で、よく理解しました。ピアノのお仕事はわたしにとって音楽以外でもすごく良い経験になっているのを感じる。綺麗なドレスを着て、お客様が褒めてくれて、演奏すればもっといい顔してくれて、それがお金になるということ。
初めは恐縮しながら演奏してたけど、最近は自信をもって笑顔でお店に出れる。接客と演奏と外見で判断される世界。外見、人間性、技術、、お客様は皆正直で、良いところは良いよと言ってくれる。初めは、有る程度仮面をかぶろうとしてたけど、疲れちゃうし無理だということがわかって、AKBの前田敦子ぱるる真似て(笑)敢えて、素で取り組んでみたらその方がわたしもラクで、お客様からの受けも良くて、「外見は今時だけど中身は古風」とか、良いように言ってもらえてる?みたいでよかった。昼間の職場では同僚から「上から目線なところ直した方がいい」と言われて混乱してた。無意識に人を不快な気持ちにさせていたというショック。音大卒ってこともありタカビーなところは確かにある。わたしは素敵なのよ!と思わなきゃ人前で演奏できないし、常に自分を表現したいオーラは隠しても隠しきれない、それは音大生の性と言っても良いはず。だけど、自分を良いって人もいて、苦手って人もいる。人に嫌われても気にしないことにしたの。短所も個性のひとつってことは、AKBで教わった。もちろん、基本的に短所は直したいけど、直すことで自分が自分じゃなくなっちゃうようだったら直してはいけないよね。直せないことによって、周りが離れていったとしたら、「ばいば〜い」って言ってあげるんだよ。過去の社内恋愛も、周りにどう思われようと気にしない。指原と前田敦子が良い例。指原は元彼に送ったえっちな写メばらまかれて、前田敦子は尻丸出しばらまかれても、しゃんとしてる。それが、女性が持つべき「したたかさ」であるね。男性は醜男でもイケメンでもエロくて当然扱いだけど、女性はビッチって蔑まれるものね。清楚に振る舞ってる女性ほど、ちょっとやらかすと人一倍注目されるから。どんな恥ずかしい噂が流れても、いつも通りにね。人の噂も75日。
先日、部署の達成会があった。今まで何度も飲んできたんだけど、今回は本当に酷かった。下ネタが。
営業マン特有の精力的なあの感じが、わたしより若い女の子では無く、年期が入ってるわたしに飛び火したっていう。もうおまえ自虐的になる時期にきてんだよ!て言われてるくらいの、酷い下ネタ。しかも罵倒チックなんだよね。いつも絶対ボディータッチしてこないのに、そのときはばしばしやってきたし、眼も血走ってたし、こわかった。どうやらわたし相当エロい女だと思われてるみたい。罵倒されるから喜ばせてるんだか怒られてるんだかわからないんだよね。でも、営業マンの裏の顔がこんなもんなのは理解してるつもりだし、翌日申し訳ない顔で謝ってくれて、小銭くれたから許しますが。
ピアノの仕事を通して育まれた自信があるから、誰かと比較されて可愛くないと言われたとしても全然気にしないしどうでもいいくらいの気持ちを持てる。誰がなんと言おうとわたしは美しくて魅力的なの、あなたなんかに抱かせてやるもんですか、くらいの、わたしにとって奇跡的な感情が今確実に根づいてきたのを感じる。24歳にして「自尊心」の息吹を感じる なんて、不思議、お母さんから散々男には気をつけろって言われてきたのに、わたしはちっとも自分を大事にすることの大切さを知らなかった。どうしてもっと早く自分を大切にしてあげられなかったんだろう。自分を大事にしないことは、1に、時間の無駄、2、結果的に他人を傷つける、3、なんだかよくわかんないけど自分がすり減った感じがする。「すり減った感覚」は女性はあまり味わってはいけない。なぜなら、このすり減った感覚こそがプライドが傷つけられた証拠、この感覚によって更に本当はどーでもいいはずの人への依存心が募り、負のスパイラルに陥る。わたしより年齢が上の女性に失礼なのは承知ですが、最近、自分は若くはないと日々絶望しています。(この絶望は生理が毎月くることと同レベルのもの)24歳になってから突然、若くないというざわめきが以前より確実に大きくなってくるこの恐怖ったら無いのです。最近までと扱い違うじゃない!と、日付変更線並みのインパクトある境界線が24歳なのです。ということもあって、わたしはこんなにも女性のあり方について考えていることをご了承ください。女性は、若くても男性が群がり傷つきやすく、歳を重ねていくと若い子と比べられて惨めな思いしたり、不利だなと感じることも増えてくる。だからこそ、何歳になっても自分をダイヤモンドのように磨いて、自分をきれいな箱にはめておきたい。女性こそ自尊心、大切。