読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urban flora

28歳女の色々

ストレス。

今月から会社の中が大幅に変わった。
わたしは幸い、会社で一目置かれてるスーパー営業マンにご指名いただいて
違う部屋に移動して前と違う保険会社を売る、新部署に配属された。
わたしともう1人の男の子だけ異動になったので、今まで女子校みたいなノリで仲良くしてきた女の子達と離れてしまい、寂しいけれど、まぁ大丈夫だろうと思ってたけど、大丈夫ではありませんでした。
お昼休みに前の場所に遊びにいくと、どうしてか、疎外感…
あんなに同じ部署で励まし合ってた女の子もあいさつ程度。話しかけても全く話そうとしてくれない。
態度全然変わった。友達ってしょせんそんなもんですよね。
てか、そもそも私達あまり仲良くなかったかもね。
新しい場所は女の子少なくて、お昼に話しかけてみたらこそこそ話されたのでそれっきり話さない。
なんというか、疎外感…

PMS

数日前、マンション付近で人生初、変態を見てしまった。帰宅時、マンションのポスト見てたら外からごそごそ音がして男がこちらを見てる。かばんから鍵探してたら、玄関のガラス越しからわたしを見て自慰をしてる男性とばっちり目が合った。あの恐怖ったら無い。震え上がりながら鍵を回して急いで中に入った。不幸中の幸い、その男は中に入ろうとはしなかった。部屋に入り、部屋の電気を点けるのも恐ろしくて真っ暗なまま、ちび男に電話した。「こわいの!こわいの!助けて!」パニックだった。すると、驚くほど落ち着いた声で「落ち着け。110しろ。」と指示された。「わたしのこと心配じゃないの?どうでもいいの?」「なんだよ仕事中なんだよ切るぞ」と言われて切れた。そのとき、恋人がいたらどれだけ安心できるだろうと自分を責めた。会社の知り合いはたくさんいる。お酒飲みに行く男子もいる。だけど、こんなときに頼れる人間は誰1人いないのだ。そのことの寂しさを、孤独を噛み締めた事件だった。
それから110したらヨボヨボのおじいさん警察と若い犬の戯れみたいな警察たちが来て、
職業はアルバイトと言うわたしを明らかに蔑んだ目で見て帰ってきました。

男と目が合ったあの瞬間、免疫力が一気にぐいーーーっと下がったのだ。
急激にストレスを感じるとわたしは風邪をひく。
あの変態男のせいで、今、絶賛風邪なう。
夜道には気をつけましょう。
わたしもあれから、マンション近づくと鍵用意して大股でダンダン足音立てて歩いてこわい顔であちこち見てから入るようにしています。東京ってこわいよ。