urban flora

28歳女の色々

現実という新鮮な世界

どうしてこんなことしてるんだろ。
ととぼけたいところだけど、意外と馴染んで楽しめてる。
10時から20時まで週5日、バイトに追われる日々です。
始まって一週間たって、上司からも営業文句が上達したって褒められた。
数字もいい感じ。友達からも、声が聞き取りやすくなったって褒められて嬉しい。
あらためて、何事でも努力すれば実になることを実感する。
退屈だったり眠くなったり落ちこむこともあるけど、チームの男性陣が楽しい人達でいつも笑ってる感じ。
プライベートでは絶対関わりたくないけど仕事面で営業マンは心強いなぁ。
仕事内容は、いろんな人に電話していろんな人の生活の背景を見ることができてなんだか楽しい。
展望台から下を見下ろして人間観察するみたい。
ボードを見れば自分の名前と数字が書かれてプレッシャー感じるけど
こんなふうに、数字で判断されるのはなんとも新鮮で潔い。
今まで、なんてふわふわした世界で生きてたんだろうと思う。
音楽っていう不確かなもの。夢の世界のような話。
わたしが今関わっている生命保険っていう死を意識したものは、わたしが今まで必死で見ようとしなかったもの。
100件電話して1度チェンジできるかできないか。1日500件は電話してる。
働きアリみたい、誰でもできる、そう思うと泣きたくなるときもある。
19時から20時までは本当辛い。
あからさまに迷惑がられるし、私自身、申し訳なくてやまない。
でもね、今わたしには何もない。知らないことばかりで新鮮な世界。
とりあえず今のところはこの単純明快な仕事をこなしていこうと思う。
こんな普通の人が嫌がるような仕事を楽しめちゃうわたしって
本当、世間知らずでめでたいよね。
情けないし、笑えるし、周りからはどう思われてるだろうね。
きっと世間的にはダメダメなのかもしれないけど、
こんな自分を憎めないわたし。