urban flora

28歳女の色々

うちゅうわたしかなしみ

目を開けると、宇宙。
突然涙がこぼれたのは、わたしの宇宙そのものだったから。

そんな歌いだしの曲を書いたことがある。
今日、彼のためにと図書館でNewton借りてちょっと読んだ。
宇宙はわたしの頭だけじゃなくて心を酷く掻き乱す、いつ考えてもすごい存在だと思った。
すごく抽象的だけど、宇宙とわたしって似てるよね。
だから自分がわからないとき、かなしいとき、心の闇の宇宙を感じ
目を閉じるとまっくらでやはり宇宙を感じる。宇宙ってわたしの中にいるみたいだよね。

ときたま、すべての謎が解けたような、
憧れの人をすごく近くに感じるような、
聞こえない音が聞こえそうな、そんなときがある。
微熱のとき、疲れてるとき、睡眠薬服用時、どっちみちちょっとイカれてるとき
ふわふわしてる。
まぁ、幸せ。

お風呂上がりにドレッサーに写る自分の顔を見るのが好き。
二つの目、鼻、口、古風に見えてそうでもない。
鼻が丸いけど高くて唇は厚くて大きいからそんなに地味ではない。
気に入らない部分は違う部分が補ってくれる。
おもしろーい!美しい!うまくできてるよなぁ。まぁ、そう言い聞かせてます。