urban flora

28歳女の色々


帰省終わりました。両親と八ヶ岳ドライブしたんだけど、シラサギがいた。
いちいちUターンしてもらって観察。
関係無いけど、このシラサギはわたしが憧れ続けていた一匹狼そのもの。
寂しく美しい姿だな。
田園の中、草に埋もれながら小川がひっそりと流れていた。
母が懐かしい光景だと涙していた。
地元は寒かった。
寒いだけで、いろいろ思い出す。
ムースポッキーを姉とあちこちのスーパー探し回ったこと、
友達との銀杏拾いが楽しくて仕方なかったこと、成績が下がったこと、
強歩大会で1人ゴールまで辿り着いて、誰とも歓喜を分かち合おうとせずに
そのまま電車に乗ったこと、
辛いこともあったけど、秋の空気が全部優しく包んでくれる。
たくさん怒って、たくさん泣いた。間違ったこともたくさんしたけど
今、すべてがあたたかく、何かが手を差し伸べてくれるような希望を感じる。
不思議な気持ち。


そして、昨日彼が退院して速攻わたしの部屋に来た。
入院中、お腹すいたと電話で連呼していたので、
やつれただろうなぁと思ってたんだけど、
そんな思惑をくつがえす衝撃的なお腹を見せてくれた。
親にいろいろ買ってきてもらって食べてたらしい。やだ〜。
家族といざこざがあって帰りたくないみたいなので、
部屋の掃除をすることを条件に居座らせることにした。
今日学校から帰ったらさっそく部屋が片付いていて、
断薬もできているのでよかった。禁煙はできないみたいだけど。
まぁ、あんなに憎んだ人が隣にいるのは複雑だけど、
もう1回だけ信じていいかな、
友達を大事にして、彼とわたしで1つだなんて思わないで、
単体でも行動できるように。
1人になった期間はたった3ヶ月だけど自信があるんだ。
がんばるよ。